人気ブログランキング |

くろねこのぶらり春夏秋冬

<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

睡蓮咲く水辺で。

b0247880_21093642.jpg

2019年5月、広島県/廿日市市/極楽寺山・蛇の池にて

FUJIFILM X-T2 FUJINON XF18mm F2R



なかなかプライベートで遠出できない中、朝から良く晴れていた先日のこと、

午前中だけでも近場の自然に出掛けたくて訪れたのは、廿日市市の極楽寺山山頂。

そろそろ睡蓮が咲く前なので、辺りの自然も初夏の雰囲気を帯びてきているだろうと出掛けてみました。

するとすでに蛇の池には睡蓮の花がポツポツと咲いていて、気温も上がってポカポカ陽気。

水辺でカメラを構えていると何匹もの鯉が近づいてきて、ごく自然に睡蓮の花とツーショット。

このあと次々と大量の鯉が現れて収拾がつかなくなりました。

ごく短い間の散策でしたが、久しぶりの自然の中を歩くのはやっぱり気持ちのいいものです。





by kurophotoblack | 2019-05-23 21:11 | | Comments(2)

光射す朝。

b0247880_22114767.jpg

2018年4月、広島県/北広島町/八幡にて

FUJIFILM X-T2 FUJINON XF18mm F2R



今年の春はまだ訪れてはいませんが、春まだ早い時期の北広島町八幡あたりの景色は、

もう10年以上前から何度もよく訪れていた場所です。

特に朝日が登る頃に到着し、日が差し始める頃からじっくり眺める新緑の景色は新しい緑が朝日で輝き、

少し低めの気温も相まって非常に気持ちの良い時間帯を過ごせます。

太陽の角度が変われば光の差す具合が変わり時間を追って刻々と景色も変わって行くので、

写真を撮るのも忙しくて、景色を肉眼で見ているよりカメラを通して見ている時間の方が長いぐらいです。

それでもあらかた撮り終えると、カメラを下ろしてぼ~っとしばらく景色を眺めたりしています。





by kurophotoblack | 2019-05-15 22:13 | | Comments(0)

里山の春。

b0247880_21551290.jpg

2018年4月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 70D EF70mm-200mm F4L IS USM



標高の高いエリアでは、山桜などの樹花と新緑の芽吹きがほぼ同じ時期に重なることが多く、

街中ではとっくに終わった桜などの樹花が、新緑の芽吹きと一緒に楽しめます。

里山の春は街中よりちょっと遅れて訪れる分、2重3重に楽しめる、と言ってもいいかもしれません。

もちろんそれはその年その年の気温や気候の状況によって変わるので、

さすがにいつもいつも毎年同じようにとはいきませんが、

新緑と樹花、ちょうど良いタイミングに出くわすことができればとても幸いでしょう。









by kurophotoblack | 2019-05-12 21:58 | | Comments(0)

初春の渓流。

b0247880_22342405.jpg

2015年4月、広島県/廿日市市/吉和付近にて

FUJIFILM X-E2 FUJINON XF35mm F1.4 R



前回お話しした渓流解禁のフライフィッシングで訪れる広島県吉和付近ですが、

そこに至るまでの道沿いでも初春の景色を見かけられます。

特に釣りを兼ねて出かけているため渓流の様子は気になるので、

時折車を止めては渓流の水量の様子を伺ったりしています。

そんな時に気持ちのいい景色に出会ったりするとついついしばらく眺めて時を過ごしてしまい、

本来の目的を忘れ、ふと思い出して慌てて先を急ぐことになったりします。

それぐらい春の水辺の景色は気持ちの良いものです。





by kurophotoblack | 2019-05-09 22:35 | | Comments(0)

芽吹きの季節。

b0247880_14481507.jpg

2015年4月、広島県/廿日市市/吉和にて

FUJIFILM X-E2 FUJINON XF35mm F1.4 R



広島県の吉和は、渓流魚の解禁が4月になります。

という事で、4月末ごろには毎年フライフィッシングで吉和の森を流れる渓流に出かけますが、

標高の高いこのエリアはちょうどその頃に新芽の芽吹きと山桜の後半が重なります。

芽吹き具合はその年その年の状況によって変わり、

まだほとんど芽吹いていない年もあれば、もう開ききっている年もあります。

鬱蒼とした森になる前の春のこの季節の森は、

渓流釣りをするにも写真を撮るにも散策するにもいい季節になります。

もっとも、釣りを兼ねて行く場合、釣果の方が気になって写真がおろそかになってしまいがちですが・・。





by kurophotoblack | 2019-05-05 14:48 | | Comments(0)