くろねこのぶらり春夏秋冬

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

紅葉の下にて。

b0247880_11395138.jpg

2008年11月、広島県/廿日市市/宮島にて
CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



この年の秋。朝一番に着いたつもりの宮島では、すでにどこも紅葉を撮る人がたくさんいて、
おいしいポイントはすでに押さえられていたため、
重い三脚とカメラバックを抱えて、写真を撮りながら少しずつ移動していたとき、
とある道沿いの開けた谷に朝日が射し込み紅葉を照らしているこの場所を見つけました。
そこには宮島でおなじみの鹿たちが何頭も集まってきていて、
時折、カメラを構えて写真を撮っているこちらを不思議そうに見つめながら、
思い思いに歩き回っていたので、せっかくだからとモデルになっていただきました。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-11-30 11:41 | | Comments(0)

梵鐘と秋色。

b0247880_1345657.jpg

2005年11月、広島県/広島市/三滝寺にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM



デジタル一眼レフカメラを手に入れたばかりの11年前のこと、
当時は、持っていた車を手放していたため自分の車を持っていなくて、
せっかく一眼デジカメがあっても、遠出をして写真を撮りに行くことが出来ずに、
もっぱら市内を自転車で走って写真を撮ってまわっていました。
そんな当時よく行っていたのがこの三滝寺で、春夏秋冬、何度も坂を登って通ったものです。
なかでも秋の紅葉の時期の三滝寺は、訪れるタイミングがいいと見事な紅葉に出会え、
境内の道の途中にある梵鐘のまわりが真っ赤に染まっていたのを覚えています。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-11-25 13:06 | | Comments(0)

銀杏のカーテン。

b0247880_11184055.jpg

2008年11月、広島県/庄原市/東城町・帝釈峡周辺にて
CANON EOS 40D EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM



初めて訪れた広島県庄原市の帝釈峡を早朝から歩いて紅葉を撮り歩いた帰り道。
下流の神龍湖に向かって車を走らせていた道沿いに見事な銀杏の大木の並木がありました。
本格的な紅葉にはちょっと早い銀杏の木もありましたが、
色づいた1枚1枚の銀杏の葉がモザイク模様の様で、
紅葉した銀杏とそうでない銀杏の色のコントラストの違いと相まって、
目の前に大きな銀杏のカーテンが出来かのような印象だったのを今でも覚えています。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-11-18 11:25 | | Comments(0)

残り柿。

b0247880_782319.jpg

2008年12月、広島県/竹原市/小早川神社周辺にて
CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



いまから8年前。竹原市にお墓のある、専門学校時代の恩師のお墓参りに訪れた際、
せっかく寒い中、竹原まで足を伸ばしたのだから、
すこし写真を撮って帰ろうと、竹原の秋の風景を撮って回っていた時の事。
賀茂川沿いにある竹原神社の紅葉を撮った足で川沿いを歩いていたら、小雪が舞ってきました。
雪で周囲の景色の色が薄まった中、ひときわ目立つ朱色を見つけたのが、
程々の大きさの柿の木に、たったひとつだけ残っていた柿の実の「朱色」でした。
その柿の実は、俺はまだまだ落ちないぞ、という意地を見せるかのように、
辺りの景色が雪でモノトーンのカーテンにぼやける中、鮮やかな色で輝いていました。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-11-07 07:09 | | Comments(0)

つるべ落とし。

b0247880_832157.jpg

2007年11月、広島県/北広島町/八幡にて
CANON EOS 40D EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM



秋の日はつるべ落としとよく言われますが、まさにその通りで、
かつて頻繁に通っていた広島県北広島町の八幡で、夕方から撮り位置を決めて撮っていると、
気がついたら辺りが真っ暗になっていた事などあたりまえの様にありました。
正直言って、星空や夜の風景が好きで撮っている割には暗がりがあまり好きな方ではなく、
気がついて辺りが真っ暗になっていると急に不安になり、
独り言や、鼻歌などはじめたりしながらドキドキしてシャッターを切っていました。
写真には音が記録されなくて本当に良かった・・・と、心から思ってます。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-11-01 08:05 | | Comments(0)