くろねこのぶらり春夏秋冬

カテゴリ:冬( 137 )

プチ・ダイヤモンドダスト?

b0247880_07351753.jpg

2009年12月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



空気中の水蒸気が急速に冷やされて出来た結晶が漂ってキラキラ光るダイヤモンドダストは、

通常、氷点下10℃もしくは15℃以下で発生すると言われてますが、

この日のこの場所は確かに寒かったけど、マイナス10℃まではいってなかったと記憶しています。

ところが、寒さに震えつつ雪の積もった川沿いの風景を撮っていると、

レンズにキラキラ光るものが見え、まさか !! と思いつつも慌ててシャッターを切りまくりました。

ここは本州の西の端の広島県。北海道ではありませんし、

条件的にも厳密にはこれをダイヤモンドダストと言っていいものかどうか迷う所。

なので、ちょっと遠慮して「プチ・ダイヤモンドダスト」という事にしておきましょうか。





[PR]
by kurophotoblack | 2018-02-19 07:36 | | Comments(0)

しんしんと。

b0247880_15574544.jpg

2010年2月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



ゆっくりコメントを書き込みたい所ですが、

恒例の季刊雑誌の仕事でてんやわんやしており、

のんびりお話を書いている余裕がまったくありません・・・。

無事雑誌仕事が終了するまで、せめてお写真だけでも。





[PR]
by kurophotoblack | 2018-02-11 15:58 | | Comments(0)

つらら。

b0247880_07091885.jpg
b0247880_07094344.jpg

2011年1月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



個人的に、ですが、「つらら」をあまり街中で見る事が無くなった様な気がします。

雪の日などに走っている車にへばりつく様な「つらら」?は別として、

家の軒などに何本も連なる「つらら」は少なくともご近所ではほとんど見ませんし、

あったとしても細い鉛筆の様な太さの「つらら」が1本2本ぶら下がってるぐらいでしょうか。

数年前までの様に芸北の方に写真を撮りにいっていた頃には、

雪の中、家の軒にびっしりずらりと連なってる太〜い「つらら」のカーテンをよく見たものでした。

寒いのはご免こうむりたいですが、綺麗なつららは街中でもたまには見てみたいものです。





[PR]
by kurophotoblack | 2018-02-05 07:11 | | Comments(0)

朝の雪木立。

b0247880_07012382.jpg

2011年1月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM




北広島町の八幡地区にはずっと通って写真を撮りにいっていましたが、

見慣れた夏の景色が、冬、雪が積もって一面冬の装いに変わると、

夏と同じ場所に立っていても、まったく違う所に来ている様な錯覚に陥る事が良くありました。

雪が、夏に見えていたモノを一切合切真っ白な状態に隠してしまうからです。

そのおかげで、春や夏には何気に通り過ぎていた場所に目がいって、

そこでずいぶん長い時間写真を撮り続けてしまうなんて事も良くありました。

そんな時には寒さなんてまったく忘れてしまうものです。

ただし撮り終わった後、一気に寒さが押し寄せて来る事になりますけどね。





[PR]
by kurophotoblack | 2018-01-20 07:02 | | Comments(0)

星の流れ。

b0247880_07035527.jpg

2008年12月、広島県/安芸大田町/深入山にて

CANON EOS 40D SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO



ふと気づけば、もうずいぶんと本格的に星空を撮りに行けていない様な気がします。

星空を撮ろうと思ったら、私の場合ちょっと行ってちょっと撮って帰る、というワケにはいきません。

天気予報をギリギリまで気にしたり、場所に合わせ前もって機材を準備したり、

少し早めに現場に行ってロケハンしたり、カメラ位置とアングルを決めたりと、結構時間を取られます。

それでいていざ行ってみたら、現場は予報と違って天気が悪かったり、

撮っているうちにだんだん雲が出て来たりと、なかなか思い通りにいかないものです。

それでもやっぱり星空の撮影に惹かれるのは、

撮影中、満天の星空の下でぼ~っと過ごす時間がなんともいえず心地いいからかもしれません。

とはいえ、冬の星空の撮影は、凍える様な寒さにも耐えなければいけませんが。





[PR]
by kurophotoblack | 2018-01-15 07:06 | | Comments(0)

新年のご挨拶。

b0247880_17255616.jpg

2010年1月、広島県/広島市/中区の神社にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



新年あけましておめでとうございます。

今年もまた滞りつつも少しずつ少しずつ継続して更新していけたらと思っています。

おみくじはここ数年よくもなく悪くもなくという感じですが、

大吉が出たら出たで、ちょっと不安になったりするかもしれません(笑)


ちなみに、今年は間違えて「こどもおみくじ」を引いてしまいました(笑)


本年も気が向いたら時々のぞいて見てください。






[PR]
by kurophotoblack | 2018-01-06 17:28 | | Comments(0)

2017年最後のご挨拶。

b0247880_16192600.jpg

2010年1月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



今年最後の更新になります。

なんだかんだとドタバタしてしまい更新が滞り気味な上に、

なかなか新しく写真も撮りに行けず、少々ストレスが溜まり気味で、

もうやめようかと思った日もありましたが、

なんとか来年もコツコツ続けていければと思ってます。


来年は、しばらく撮りにいけていない

ちゃんとした(?)星空を撮りに行きたいと思っています。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-12-30 16:19 | | Comments(0)

氷結。

b0247880_07034795.jpg

2010年1月、広島県/北広島町/八幡にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM



今年の12月は、街中でもなにかいつもよりずいぶん寒い様な気がしますが、

以前、芸北地方に写真を撮りにいっていた頃の12月から2月のあちらの寒さは結構なものでした。

朝いちばんに到着すると、カメラを構えているあいだ何枚厚着をしていても冷気が肌を刺し、

足や手の指先はまさしく凍りつくように冷えました。

それでも一面真っ白な雪景色やしんしんと雪が降りしきる光景に出合うと、

寒さをしばし忘れて夢中でシャッターを切って歩き回ったものでした。

そろそろあちらも雪が積もってきている頃でしょう。

もしまた時間が取れて行くことができるなら、あの寒さすら忘れる風景を撮りにいきたいものです。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-12-21 07:08 | | Comments(0)

雪渓。

b0247880_07172580.jpg

2008年12月、広島県/北広島町にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




もう10年近く前。まだ毎月何度も広島県の芸北方面に写真を撮りにいっていた頃には、

12月や1月の雪の季節でも行ける時には行くようにしていました。

帰れなくなったりするといけないので、あまりの雪の深さや降り様によっては、

途中で引き返したり、目的地の一歩手前ですませた事もあります。

写真のこの時は、朝から降り積もる中、なんとか八幡地区までたどり着くと、

降ったばかりの新しい雪で辺り一面真っ白で、樹々の枝の先まで真っ白になっていました。

一眼レフで取り続ける中、ポケットにひそませていたこのGR DIGTALで、

ロケハン代わりのカットを撮りだめていましたが、

今になって見ていると、その中には一眼レフで撮らなかった場所も結構あり、

なぜ当時その場所を一眼レフで撮らなかったのか不思議に思っています(笑)。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-12-13 07:19 | | Comments(0)

落葉凍る。

b0247880_07061635.jpg

2008年11月、広島県/北広島町/八幡にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




思えば葉っぱというものは四季を通していろんな姿を見せてくれるものです。

木の枝にポツンポツンと見える小さな塊だと思ったら、

春には新芽として小さな緑色の姿を見せ、そして鮮やかな新緑となり、

夏にはさらに濃い緑となって森を作り、そして秋になり色は一気に大きく変わり、

山々を赤や黄色の美しい秋色に染め、そして力つき散った後も秋色の絨毯で地上を染め、

そして鮮やかだった色は枯れて抜け落ち、冬の景色の中に埋もれ、

また次の新芽の為の新たな森を作る肥やしとなっていきます。

その間ずっと色や姿を変え、我々の目に四季の姿を見せてくれる「葉は」、

自然の中の「四季」の姿そのものだと言えるのかもしれませんね。







[PR]
by kurophotoblack | 2017-12-08 07:08 | | Comments(0)