くろねこのぶらり春夏秋冬

カテゴリ:秋( 119 )

黄色の絨毯。

b0247880_06591317.jpg

2008年11月、広島県/広島市中区/羽衣町・吉島公園にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




前々回、三滝寺で撮った紅葉したモミジの赤い絨毯をご紹介しましたが、今回は「黄色の絨毯」。

ごく近所の公園には銀杏の木があり、この季節になると紅葉した銀杏の葉が散って辺り一面を黄色に染め、

モミジの赤い絨毯に対抗 ? して、黄色の絨毯が広がる景色になります。

この公園には桜もあり、銀杏の前にこの桜の葉が一斉に紅葉し、

まだ散る前の銀杏の黄色と相まって、毎年秋の訪れを実感させる景色を楽しませてくれます。

たとえわずかでも、身近に季節を感じる自然があるというのはイイ事ですね。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-11-18 07:03 | | Comments(0)

赤い屋根。

b0247880_08130500.jpg

2008年11月、広島県/広島市西区/三滝寺にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




もう何年も前の事、広島市の三滝寺を紅葉の時期に訪ね、

写真を撮りつつふと上を見上げたら、一面真っ赤な紅葉が広がっていて、

まるで赤い屋根の下を歩いている様な気分になりました。

今年ももうそろそろいい時期になってるんじゃないだろうかと思うのですが、

もうしばらく足を運べそうにないので、まだ散らないでくれよと願うばかりです。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-11-12 08:14 | | Comments(0)

秋色の双木。

b0247880_07003120.jpg

2008年11月、広島県/安芸大田町/深入山にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




今を去る事9年ほど前、まだ体力に自身がわずかながら残っていたころ、

三脚とカメラバックを肩に背負い、安芸大田町の深入山にススキの風景を撮りに登った事がありました。

朝まだ薄暗い頃から登り、途中で朝焼けをむかえ、山頂に至った時には青空で、

そこから別の尾根を下って写真を撮りながら逆側へ下山していきました。

その途中、別の山頂近くに秋色に染まった2本の木が、朝の光りを眩しそうに浴び、

ススキの中の細い登山道を間に挟んでまるで夫婦かカッブルのかの様に仲良く立っていて、

それが10年近く経った今でもまだ強く印象に残っています。

高解像度な一眼レフでも撮りましたが、なぜかこっちの「GR DIGTAL」で撮った写真の方が、

不思議な事に、当時目で見た時の記憶に近い印象を思い出させるから、本当に写真とは面白いものです。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-11-08 07:02 | | Comments(0)

赤い絨毯。

b0247880_08375868.jpg

2008年11月、広島県/広島市西区/三滝寺にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




広島市内で何処か紅葉を楽しむなら、と聞かれたら、ここ三滝寺を答えるでしょう。

遠出で紅葉を撮りに行けない時には、よくここに通って紅葉を楽しみ写真を撮っていたものでした。

ここ数年はご無沙汰していますが、今年は久しぶりに訪れてみようかと思っています。

ここでは紅葉が終った後も、散り乱れたモミジの紅葉が参道に絨毯のように敷き詰められている時もあり、

染まり始めから散り終わりまで紅葉を楽しめる事もあり、

多少タイミングがズレたとしても、紅葉の写真もそれなりに工夫次第で面白くなります。

さて、今年久しぶりに訪れる三滝寺はどんな紅葉の景色を見せてくれる事でしょうか。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-10-24 08:39 | | Comments(0)

岩の渓。

b0247880_06471809.jpg

今回も前回同様、今をさること9年前にも訪れ高知県吾川郡いの町の中野川源流付近の写真です。

この川は最上流付近になって来るにつれ、大きく平らな石がゴロゴロ転がる不思議な光景に変わって行きます。

その大きな石の隙間を縫いながらキレイな水が落ち込みを作りながら流れていて、

それらの小さなポイントに岩魚が潜んでいたりするのですが、それは釣りの方のお話。

写真で撮るとこんな景色になり、ここに川が流れているようにはちょっと見えないかもしれません。

釣り上がりの際の折り返し地点はまだまだ上の方。

ここでもちゃんと渓魚は棲んでいて、上手にアプローチさえすればちゃんと釣れます。

写真を撮る身としては、折り返し地点よりもっと上流の景色に興味があるのですが、

入渓地点まで明るいうちに帰る事を考えればそこが限界。自分の身の安全がなによりも第一です。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-10-19 06:48 | | Comments(0)

森の古木。

b0247880_20210311.jpg

2008年10月、高知県/吾川郡/いの町・中野川源流付近にて

GR DIGTAL 2 28mm F2.4




前回ご紹介した写真の、高知県吾川郡いの町の中野川源流付近を、今をさること9年前にも訪れており、

その際、当時持っていたデジタル一眼レフは防水対策が弱く、なにぶん沢登りのため持参を諦め、

当日使っていたRICHOの「GR DIGTAL 2」を持って行きました。

当然、一眼レフとは画像のサイズも質もノイズの多さも歴然としていますが、

コンパクトなボディーと、取り回しの良さとレンズの明るさは、当時としてはとても重宝したものです。

GR DIGTAL 2 には、1対1のスクエアモードがあり、好んでほとんどそれで撮っていました。

この古木のは、源流付近を釣り上がりかなり登った辺りの沢沿いにあり、

前回お話しした今年の9月末に訪れた時にも、無事その姿を見ることができました。

写真ではちょっと伝わりづらいのですが、結構な大きさと高さを誇る古木です。

来年もまたここを訪れる事が出来れば、今度はX-T2を使って撮ってみたいと思っているところです。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-10-16 20:22 | | Comments(0)

源流の光。

b0247880_12095392.jpg

2017年9月、高知県/吾川郡/いの町・中野川源流付近にて

FUJIFILM X-T2 FUJINON XF18mm F2R




先日9月末。毎年恒例の四国の山に出かけ、そこの川を源流に向けて登ってきました。

ついでに竿も出させていただき、数少ない趣味のフライフィッシングも楽しませていただきましたが、

その渓流の景色の素晴らしさにカメラも手放せない状態でした。

なによりも水の透明度は素晴らしく、この辺りの石の色目の明るさもあいまって、

水の流れる様はまさに清水のごとくといったところです。


三脚を持って上がることができなかったので、全て手持ちの撮影ですが、

このX-T2は高感度にも強く、かなり感度を上げても画像のノイズは気になりません。

少なくとも私はさほどノイズを気にする方ではないので、これで問題無し。

とはいえやっばり足場の悪い川の中に立って撮っている分、ピントはちょっと甘気味でしたが・・・。


写真自体にちょっとだけフィルター効果を与え、頭に残ったイメージを強く出してみました。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-10-05 12:13 | | Comments(0)

収穫の季節。

b0247880_12404574.jpg

2007年9月、島根県/浜田市/三隅町・室谷にて

CANON EOS 40D EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM




山陰の島根県浜田市の三隅町に室谷と言う、最盛期には約4500枚の棚田があった場所があります。

そこを、とある小冊子のベージの取材で初めて訪ねたのはもう10年も前のこと。

ちょうど収穫の時期で、いたるところではざ掛けされた稲を見ることができました。

昔はこんな景色が、日本中のいたるところどこでも当たり前に見ることが出来たんですね。

この日はいい天気で、新調したカメラの初出動もあって、かなりのカットを撮りまくった記憶があります。

とはいえ、満足した写真が撮れたかと言うと難しいところで、リベンジに行きたい場所のひとつです。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-09-23 12:41 | | Comments(0)

川面。

b0247880_07094626.jpg
b0247880_07095503.jpg
b0247880_07100619.jpg

2007年9月、山口県/岩国市/錦川・錦帯橋下にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM




海の波の変化も面白いが、あまり普段気にしない川面の変化もまた面白い。

同じ川のほぼ同じ場所でも、時間帯や角度がちょっと違うだけでいろんな顔を見せてくれる。

1日の終わりに夕日が沈み始めるとその光りが川面にあたり黄金色に輝きはじめるが、

その場所から川に対して少し視線を変えて見ると、とたんに川面の色が変わる。

光りが当たって輝くチャラ瀬が、波のうねりで変化して生きているようでこれもまた面白い。

そのうねりの中で底石に当たって飛ぶ飛沫を見ていると、いつまでも飽きない。

夢中になってずっと川面にカメラを向けて撮っていると、

まだ辺りに残っていた観光客の人たちに変な目で見られたのを、今でも覚えている。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-09-12 07:12 | | Comments(0)

彼岸花の季節。

b0247880_07042449.jpg

2008年9月、山口県/岩国市/南河内・竹安付近にて

CANON EOS 40D EF70mm-200mm F4L IS USM




忙しさにかまけてBlogの更新が滞っている間に、気がつけばもう9月となり、

暦の上でもほとんど初秋に突入する季節になってしまいました。

まだまだ暑い日が続いていますが、そのうちいたるところで彼岸花の赤い花が咲きはじめ、

それを見て秋の訪れを実感する事になるのでしょう。

まだまだ時間に余裕があり、写真を撮りに走り回っていた頃は、

この時期には彼岸花の群生を追って田舎道をさまよっていたものです。

昔は田んぼの畦にはどこも彼岸花が咲いていたものですが、

最近は稲刈りの邪魔なのかそれとも他の理由なのか、

どこの田んぼの畦も雑草と一緒に彼岸花も根こそぎ刈ってしまうようで、

真っ赤に咲き誇った彼岸花の群生を畦道で探すのもひと苦労ですが、

それ以外のところには結構残っていて、

実は広島市内の市街地でも川沿いや公園内などちょっとしたところで見かけます。

さて、今年もちょっとなかなか遠くには行けそうも無いし、

その時はカメラ片手にご近所を歩き回って彼岸花の写真を撮り歩く事にしましょうか。





[PR]
by kurophotoblack | 2017-09-02 07:07 | | Comments(0)