くろねこのぶらり春夏秋冬

カテゴリ:夏( 118 )

紫陽花のある景色。

b0247880_11211083.jpg

2007年6月、島根県/大田市/温泉津温泉にて
CANON EOS Kiss Digital EF70mm-200mm F4L IS USM




2007年の6月。とある冊子の連載の取材で、島根県大田氏の温泉津温泉を訪れました。
本来この連載の取材は日帰りの仕事だったのですが、
なぜせっかく温泉町まで来て、温泉街の魅力も味わうこと無く、夕方には帰らなくてはいけないのか、
ということで、カメラマンやライターに提案して、自腹で温泉宿に泊まって帰ることにしました。
たしかに自腹は痛かったですが、そのかわり時間を気にせずゆっくりと取材ができ、
夜は温泉宿のおいしい料理をいただき温泉で疲れを取れました。
ちょうど梅雨の時期で、温泉街の高台から町の全景を撮影している時、
ふとすぐ下を見ると、密集し入り組んでいる家々の間のわずかな隙間の庭、
表から見えないその場所に、ひっそりと紫陽花の花が咲いているのが見えました。
こんな家の裏の人に見えない所に咲いている紫陽花もまたいいものです。
[PR]
by kurophotoblack | 2017-05-19 11:28 | | Comments(0)

梅雨の森。

b0247880_950667.jpg

2007年6月、広島県/北広島町/八幡/臥龍山にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM



5月の新緑が過ぎ、そろそろ梅雨の足音が聞こえて来る6月頃になると、
あれほど太陽の光りが新緑を通して木漏れ日となって降り注いでいたブナの森は、
鬱蒼と緑が繁り、暗く雰囲気が一変するようになります。
でも、この時期だからこその森の風景もあり、
わざわざ好き好んで天気の不安定な日を選んで森に入り、
霧と湿気で樹々が濡れた、しっとりとした森の写真を撮って歩きます。
あの頃使っていたカメラは湿気や水気に弱く、何度も動作不良を起こした事がありましたが、
今メインで使っているカメラは防塵防滴。そして超高感度に強く三脚いらず。
なのに、こんないい装備環境がありながら、なぜあの森に撮影に行けないのか。
森が鬱蒼と、しっとりと、魅力的になる梅雨が来るというのに・・・。
[PR]
by kurophotoblack | 2017-05-14 09:52 | | Comments(0)

3つの椅子。

b0247880_79522.jpg

2007年8月、広島県/北広島町/八幡にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM


2006年から2011年ぐらいまで、よく風景写真を取りに通っていた広島県北広島町の八幡で、
写真撮影の合間に珈琲を飲みに立ち寄っていたログづくりのお店のそばには、
一見、森というより「林」に近い木立が広がっていて、その木立の中に丸太づくりの3つの椅子が並び、
時折タイミングがいいと、その3の椅子に木立の木漏れ日がそそいで、
まるでこれから演奏会でもあるかのような、小さな森のステージの様に見える時がありました。
もう長くこの場所に通っていませんが、3つの椅子ははたして残っているんだろうか。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-09-05 07:10 | | Comments(0)

消えた棚田。

b0247880_793198.jpg

2007年8月、山口県/岩国市/南河内・竹安にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM


前回、実家のある岩国の奥にある本籍地に向かう途中の、かつての学舎跡をご紹介しましたが、
今回はそこからさらに本籍地に進んだ所にあった、懐かしい棚田の風景です。
しかし残念ながらこの棚田の風景は、今はもう見れなくなってしまいました。
数年前に大規模な圃場整備が行われて、四角い真っ直ぐな規則正しい大きな水田に作り替えられ、
味のある棚田らしい段差も無くなってしまい、ここの景気は一変してしまいました。
機械を使うための効率などを考慮する気持ちも分からないではありませんが、
長い年月かけて耕され育まれてきた肥えた水田の土が、あっというまに重機で一旦ガラガラポンされ、
いい土もそうでない土も一緒になって無個性な水田に変わってしまった後の景色は、
もうカメラを向ける気にならず、お世辞にも美しいとは感じませんでした。
時折この写真を眺めるたびに、かつての美しかったあの夏の棚田の風景を思い出します。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-31 07:10 | | Comments(0)

夏の朝の小道。

b0247880_1059182.jpg

2006年8月、広島県/北広島町/八幡にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM


もう10年近く前の夏の事です。
あのころは月に何度も自然の中に足を運び、とにかく写真を撮りまくっていました。
諸事情でなかなか行けなくなってしまったのは、ガソリンも高くなった5年ほど前ぐらいから。
2年前に新しいカメラを買っている事もあって、今、自然の中に行きたくてウズウズしています。
星空や紅葉を撮りたくて、秋ぐらいからまたなんとか無理してでも撮りに行きたい、と思っています。
紅葉の季節に新しく撮った写真がアップ出来れば、ああ行けたんだ‥‥と思ってください(笑)
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-21 11:00 | | Comments(0)

祭りの夜。

b0247880_717595.jpg

2005年8月、山口県/岩国市/今津・長山公園にて
CANON EOS Kiss Digital EFS17mm-85mm F4-5.6 IS USM


10年近く前、岩国の実家近くの公園でお盆に夏祭りが行われていました。
比較的新しいお祭りでしたが、ちょうどお盆中で、当時、東京から甥っ子や姪っ子が里帰りしていて、
両親や弟夫婦みんなでそろって出かけたことをよく覚えています。
気がつけばもう何年もこんな賑やかな祭りに出かけた事が無い様な気がします。
もし機会があったら、またカメラ片手に足を運んでみたいと思います。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-15 07:19 | | Comments(0)

1993年 美瑛。曲線の丘。

b0247880_7233723.jpg

1993年7月、北海道/富良野市/美瑛にて
CANON AV-1  Tokina 28mm F2.8 
リバーサルフィルム・Kodakエクタクローム使用

富良野と旭川の中間、美瑛や美馬牛あたりの丘陵地を歩いて巡った時のこと。
この辺りはこんな感じの丘の風景がいたるところで見られ、
ひとつの丘を越えるとまたその向こうに新しい丘が次々と現れてきます。
そのひとつひとつの丘のなだらかな曲線美が今でも目に焼きついて忘れられません。
まだ足腰が丈夫なうちに(笑)もう一度歩いてみたい場所です。
その時は、ぜひここ美瑛や美馬牛で星空を撮ってみたいと思っています。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-11 07:28 | | Comments(0)

1993年富良野。ラベンダー。

b0247880_7292083.jpg

b0247880_7293295.jpg

1993年7月、北海道/富良野市/中富良野・富田ファームにて
CANON AV-1  Canonn FD 100 - 200mm F5.6 
リバーサルフィルム・Kodakエクタクローム使用


ここ数回でお話ししている、23年前、車で北海道などをテント生活しながら、
1本36枚のポジフィルムを使って撮りまくって過ごした際のこと。
中富良野にある、ラベンダーで一躍有名になった富田ファームで撮ったモノです。
とにかく広いのラベンダー畑や花々に感動し、
ここだけで貴重なフィルムを1本まるまる全部使ってしまいました。
いつかぜひまたゆっくり見に行きたいものです。今度はデジタルカメラを持って。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-06 07:31 | | Comments(0)

1993年富良野。2本の木。

b0247880_8322888.jpg

1993年7月、北海道/富良野市/麓郷にて
CANON AV-1  Tokina 28mm F2.8 
リバーサルフィルム・Kodakエクタクローム使用


前の2回の更新でお話しした、車で北海道などをテント生活しながら、
1本36枚しかない貴重なポジフィルムを使って撮りまくって過ごした際のこと。
富良野の麓郷地区あたりを歩き回っていた時にかけた2本の木。
当時その場に立ちながら、いい木の残し方をするなぁ、と、感心したものです。
たしかこの木にピッタリの名前がついていたはずでしたが、忘れてしまいました・・・。
あれからもう23年。この2本の木はまだあそこに残っているんだろうか。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-08-01 08:34 | | Comments(0)

1993年。富良野麓郷にて。

b0247880_12565662.jpg

1993年7月、北海道/富良野市/麓郷・麓郷小学校(当時)にて
CANON AV-1  Tokina 28mm F2.8 
リバーサルフィルム・Kodakエクタクローム使用


前回の更新でお話しした、車で北海道などをテント生活しながら放浪していた23年前。
昨今の何百枚も撮れるデジタルカメラと違って、
1本36枚しかない貴重なポジフィルムを使って撮りまくって過ごした際のこと。
ドラマ北の国からの舞台で、黒板五郎さんの家などがある
富良野の麓郷地区あたりを歩き回っていた時に、
小学校のグランドで野球かソフトボールの練習をしていた子供たちに出会い、
しばらく話をしたあと、記念に子供たちみんなの写真を撮ったモノです。
あれからもう23年も経ちました。この子たちももう30代になっているはずです。
どんな大人になっているんだろう。みんな元気にやってるかな。
[PR]
by kurophotoblack | 2016-07-27 13:06 | | Comments(0)